FPソフトウエア研究所

 

FPソフト 「 住宅ローン減税 」

 

説明書

 

 

   商品番号   : A011100

   タイトル   : 住宅ローン減税

   分野      住宅

   ファイル名 : a011100.xlsm

   発売日    : 2016/7/15

   最終変更   : 2016/7/15 Version 6.81


目次

 1.画像と印刷見本

 2.概要

 3.使用方法

 4.備考

 5.動作環境とエクセルの設定

 6.サポートと連絡先

 7.使用許諾

 8.履歴

 

 


 

1.画像と印刷見本


 

■ 画像   画像をクリックすると大きく表示されます。

 

 

 

 

 『 減税試算 』

 

 

 

 

 『 計算詳細 』

 

 

 

 

 『 ローン返済表 』

 

 

 

 

 『 源泉徴収票 』

 

 

 

 

   『 所得控除 』

 

 

 

 

 『 制度概要 』

 

 

 

■ 印刷見本 (PDFファイル) 

減税試算

計算詳細

ローン返済表

源泉徴収票

所得控除

 

 



トップ

 


 

2.概要

住宅を取得した際の減税制度 ( 「住宅借入金等特別控除」 および 「認定住宅の新築等に係る住宅借入金等特別控除の特例」 : 以下、「住宅ローン控除」)の期限が平成31年6月末までに延長されました。

本ソフトでは実際に住宅ローン控除を受ける場合を想定し、さまざま条件でシミュレーションをおこない減税額を算出します。

 

《 主な特徴 》

・ 住宅ローン控除額(減税額)を算出します。

本ソフトでは平成25年〜31年6月末までの住宅ローン控除の制度に対応し、住宅ローン年末借入残高に応じた控除額の算出を行います。

一般住宅および、認定住宅(長期優良・低炭素)のどちらの住宅の制度にも対応しています。

10年間の減税額合計を表示し、また各年度ごとの減税額もわかります。

・ 年収(給与収入)が変化することを想定した住宅ローン減税のシミュレーションができます。

たとえば、年収が現在は680万円、10年目は800万円になるなど増加(または減少)することを条件として設定することができます。

また、現在から10年目まで一定の所得税額と仮定して試算することもできます。

・ いろいろなタイプの住宅ローンに対応します。

ボーナス併用返済、3段階金利、元利均等・元金均等返済、返済期間50年など、さまざまな住宅ローンを想定しています。

・ 『ローン返済表』シートで返済額やローン残高を確認できます。

返済予定表(毎回の返済額や借入残高の一覧表)を掲載しました。

住宅ローン控除額のシミュレーションに必要な年末残高は太字表記して、計算の根拠を明確にしています。

・ 社会保険料控除以外の所得控除も簡単に求めシミュレーションに反映させることができます。

『所得控除』シートで求めた社会保険料控除以外の所得控除額や家族の状況など、住宅ローン減税試算に必要なデータを『減税試算』シートに反映することができます。

・ 理解を助けるための資料を掲載しました。

『計算詳細』シートでは、シミュレーションの具体的な計算経過の数値がわかります。

また、『源泉徴収票』シートは入力の際の参考にご覧いただけるようサンプルを表示しました。

『制度概要』シートでは、計算に必要な住宅ローン控除のおもな制度について記載しました。

・ 入力はわかりやすく、コメント表示でガイドします。

必ずデータを入力する欄(ピンク色)、必要に応じて入力する欄(黄色)、表示された選択肢の中から一つを選ぶ欄(緑色)、と色分けしていますので、迷わずに入力していただくことができます。緑色の欄の選択により入力する必要がなくなる欄は灰色に変わります。

さらに入力の際には説明のコメントが表示されますので、安心してご使用いただけます。

また、入力項目のあるシートの画面上部には、[ 入力方法 ] を記載しています。 この [入力方法] の表示は、印刷の際など不要な場合には消すことができます。

・ 「画面」ツールバーでより快適な操作を実現します。

画面構成、コメント表示、入力欄の色に関して、目的や状況に応じた使い勝手のよい設定を、「画面」ツールバーでいつでも簡単に選ぶことができます。

 

 

 

トップ

 


 

3.使用方法

 

エクセルのバージョンに合わせてマクロやアドインの分析ツールの設定が必要となります。

本ソフトウエアを起動する前に、この「説明書」シートの 「5.動作環境とエクセルの設定 のPDFファイルをご参照の上、必要な設定を行なってください。

 

《 起動 》 

Excel2013Excel2010Excel2007をご使用の場合 :  “a011100.xlsm  ファイルをご利用ください。

・ "a011100.xlsm"  ファイルをダブルクリックすると起動します。
 
Excel2003 をご使用の場合 :  “a011100.xls  ファイルをご利用ください。

・ "a011100.xlsファイルをダブルクリックすると起動します。

または、エクセルを起動してメニューバーの[ファイル()][開く(O)] をクリックして "a011100.xlsファイルを開きます。

※ お客様の利便性をふまえ Excel2003用のソフト(“a011100.xls”)も同梱しましたが、このソフトはサポート対象外となります。

不具合等のご質問には対応できない場合がありますので、ご了承ください。

Microsoft Excel2013Excel2010Excel2007 のいずれかのご使用を推奨いたします。)

 

《 各シート共通の操作 》

    入力

入力が必要なシートでは、画面上部に [入力方法] と表示されます。そのコメントに当該シートでの入力に関する説明を記載しています。 

  [入力方法] の表示は、画面ツールバーで  “コメント表示OFF  または  “入力欄の色OFF  にすると消すことができます。

 

 

 

の欄は必ずデータを入力してください。

 

 

 

この欄で入力されていないところがあると画面に「データ入力が完了していません」という

メッセージが表示されます。

 

 

 

 

の欄は必要に応じて記入してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

の欄はいくつかの選択肢の中から1つを選んでください。

 

 

 

 

まずこの欄をクリックすると右下に選択用のボタンが出現します。それを押すと選択肢が

表示されますので、その中から1つを選んでください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

の欄は、

 

の欄の選択により入力する必要がない箇所です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※ 入力に際し、単位は自動的に付加されます。数字のみ入力してください。

 

  

右上に赤色のマークの入っている箇所は、入力の際の説明のコメントが表示されます。

マウスを赤色のマークのところに合わせると、コメントが自動的に表れます。

「画面」ツールバーの「コメント表示ON」/「コメント表示OFF」ボタンで、画面にこのコメント表示を出すかどうか選択できます。

 

 

 

  ◇ 「画面」ツールバー

エクセル画面の右上の アドインタブ を押すと、「画面」ツールバー が現れます。

 

 「画面」ツールバーでいつでも簡単に次のような設定ができます。

画面構成 : 1画面、縦2画面、横2画面 の3通りの画面構成が可能です。確認や比較など、目的に応じて最適な画面構成をお選びください。

使用例 : 縦2画面を選び、『源泉徴収票』シートを見ながら、『減税試算』シートに入力する。

↓ 画像をクリックすると大きく表示されます。

 

 

 

コメント表示 : 右上に赤色のマークの入っている箇所は、入力の際の説明のコメントが表示されます。

コメントを表示させるかどうか必要に応じてON/OFF を選択してください。 当初はコメントONで表示させ、操作に慣れてきたらOFFにするなど、より快適な状態でご使用いただくことができます。

入力欄の色 : 入力欄はその性質によって ピンク色、黄色、緑色 と色分けされています。

入力の際にはON、印刷の際など色分けが不要な場合にはOFF とするなど自由に選択していただくことができます。

 

 

◇ リセット

〔 リセット 〕ボタンを押すと、次のような状態になります。

 

 

 

 の欄のデータが消去されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

の欄はデータが消去されるか、または初期データとして一般的な値が表示されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◇ サンプル

● 『 減税試算 』 シート

〔例1:一般住宅〕 または 〔例2:認定住宅〕 ボタンを押下すると、以下のデータがそれぞれ設定されシミュレーションが展開します。該当するケースを選択し、それをもとにデータを変更していくと効率的に入力できます。

 

例1:一般住宅

◆住宅ローン条件

  借入額 : 毎月分 3000万円、 ボーナス分 1000万円

  返済期間 : 35年

  元利均等返済方式、全期間固定金利、金利 1.37%

◆居住開始・収入等の条件

  居住開始 : (平成26年4月〜平成31年6月)

  住宅種類 : 一般住宅

  給与収入等の入力

   給与収入 : 680万円、 社会保険料控除 : 103.8346万円

   その他所得控除 : 145.5万円

   10年目の給与収入 : 800万円

  10年間の減税額合計 : 311万円

 

例2:認定住宅

◆住宅ローン条件

  借入額 : 毎月分 4500万円、 ボーナス分 1500万円

  返済期間 : 50年

  元利均等、全期間固定金利、金利 2.12%

◆居住開始 ・収入等の条件

  居住開始 : (平成26年4月〜平成31年6月)

  住宅種類 : 認定住宅

  給与収入等の入力

   給与収入 : 680万円、 社会保険料控除 : 103.8346万円

   その他所得控除 : 145.5万円

   10年目の給与収入 : 1000万円

  10年間の減税額合計 : 416万円

 

● 『 所得控除 』 シート

〔 サンプル 〕ボタンを押下すると、『減税試算』シートの 〔例1:一般住宅〕 〔例2:認定住宅〕、および 『源泉徴収票』シートの記載に添った次のようなサンプルデータが表示されます。

配偶者 : 専業主婦、所得なし

子供 : 高校生一人

生命保険と地震保険に加入

その他 所得控除 : 145.5万円

 

 

◇ 〔 枠固定 〕ボタン

『ローン返済表』シートでは、 〔 枠固定 〕ボタンを押下すると、枠を固定した状態で縦に画面スクロールすることができます。もう一度押すと、枠固定が解除されます。

     

 

◇ 印刷

エクセルの機能を使用して印刷してください。印刷プレビューを行うと印刷イメージが現れます。A4用紙で印刷されるように設定しています。そのまま印刷してよければ、[ 印刷 ] で印刷が開始します。  [ 印刷プレビューを閉じる ] で印刷を中止することもできます。

 Excel2013では、次のような手順で印刷範囲を変更することができます。

メニューバーの  [ ファイル ] から、 [ 印刷 → ページ設定 → シート → 印刷範囲(A) ] をたどって印刷範囲を変更することができます。

 

 

《 各シートの説明 》

● 『 減税試算 』 シート

住宅ローン減税のシミュレーションを行います。

住宅ローン減税の期間延長にともない平成31年6月末までの制度に対応しています。

住宅は一般住宅と認定(長期優良・低炭素)住宅の両方に対応しています。

● 『計算詳細 』 シート

『減税試算』シートでおこなったシミュレーションの計算詳細を表示します。

● 『 ローン返済表 』 シート

『減税試算』シートに入力されたデータに基づいた住宅ローンの返済予定表を表示します。

毎月分・ボーナス分の返済額とローン残高および返済総額が表示されます。

● 『 源泉徴収票 』 シート : 「給与所得の源泉徴収票」サンプル

「給与所得の源泉徴収票」のサンプルを掲載しています。

水色の背景の部分は、『減税試算』シートの入力に関係する箇所です。

収入等の条件を入力する際の参考にしてください。

※このサンプルは、平成27年分の源泉徴収票(平成28年3月確定申告用)をもとに作成してます。

● 『 所得控除 』 シート

『減税試算』シートの入力項目の ”その他 所得控除”欄の算出をおこないます。 

社会保険料控除以外の所得控除額を求めます。

その値を 『減税試算』シートに反映することができます。

● 『 制度概要 』 シート

住宅ローン控除のおもな制度を「一般住宅」と「認定住宅」に分けて表示しました。

 

 

トップ

 


 

4.備考

 

・ 計算途中では端数処理をせず、結果は表示桁数以下を四捨五入しています。

・ 本ソフトウエアではデータ入力があまり煩雑にならないこと、完全な情報がなくてもおおよその結果を求められることを優先している箇所があります。 そのため実際の状況とは差異が生じることがあります。

・  通常使用されないような値が入力されますと、エラーになったり誤差が大きくなりますのでご注意ください。

・ 本ソフトウエアは、一般的な住宅ローンや税金の計算を想定しています。 実際の返済額や減税額に差異が生じることがあります。計算結果は目安としてご使用ください。

・ 平成28年7月時点での情報をもとに作成しています。

 

 

 

トップ

 


 

5.動作環境とエクセルの設定

 

 

・ Microsoft Excel2013Excel2010Excel2007   (※)エクセルは、32ビット版を推奨

    OSは、Microsoft Windows 8、 7、Vista XP

    PCのメモリーは、2Gバイト以上

上記環境で開発および確認を行なっております。

 

※お客様の利便性をふまえ Excel2003用のソフト(“a011100.xls”)も同梱しましたが、このソフトはサポート対象外となります。

不具合等のご質問には対応できない場合がありますので、ご了承ください。

Microsoft Excel2013Excel2010Excel2007 のいづれかのご使用を推奨いたします。)

 

・ エクセルバージョンに応じた設定方法を画像を用いて解説しています。

下の箇所をクリックするとPDF形式のファイルが開きます。 

      エクセル2013 ここをクリック 

      エクセル2010 ここをクリック 

      エクセル2007 ここをクリック

      エクセル2003 ここをクリック   (※)エクセル2003の使用はサポート対象外となります。

 

 

 

トップ

 


 

6.サポートと連絡先

 

・ ソフトウエアのサポートは、当研究所ホームページの「サポート」で行なっております。「サポート」上に対応する項目がない場合や、解決されないときは、ホームページの「連絡・問合せ」からお問合せください。

・ サポート内容は、標準でご提供したプログラムに限らせていただきます。エクセル自身の動作に関するものや、標準の動作環境以外でご使用の場合もサポート外となります。

・ ご購入いただいたソフトウエアに、重大な不具合・バグ等がある場合には、販売後1年間、無償でアップデートを行ないます。

・ ご意見・ご感想などお寄せください。当研究所ホームページの「連絡・問合せ」ページをご使用ください。

 

 

 

----------------------------------------------------
連絡先: FPソフトウエア研究所

ホームページ:  http://fp-software.com/

----------------------------------------------------

 

トップ

 

 


 

7.使用許諾

 

FPソフトウエア研究所のソフトウエアをインストールされる前に、必ず以下のソフトウエア使用許諾契約をお読み頂き、同意される場合のみご使用ください。

        □ ソフトウエア使用許諾契約 □

この契約は、お客様が当サイトからダウンロードされるソフトウエアやマニュアルなどの情報(以下「本件ソフトウエア」といいます。)に関し、「FPソフトウエア研究所」(以下「当研究所」といいます。)とお客様との間で締結される契約です。

1.本件ソフトウエアの著作権は、全て当研究所に帰属します。

2.お客様は本件ソフトウエア1個の購入につき、1台のコンピューターシステムで使用できます。他のコンピューターシステムで本件ソフトウエアを使用するときは、別途使用権を取得することが必要です。

3.お客様は、当研究所の事前の同意を得なければ、本件ソフトウエアを複製すること、および改変することはできません。

4.お客様は、本件ソフトウエアを第三者に配布、レンタル、リース、貸与及び譲渡することはできません。

5.当研究所は、お客様、その他の第三者が本件ソフトウエアに関連して直接間接に被ったいかなる損害に対しても、賠償等の一切の責任を負わず、かつ、お客様はこれに対して当研究所を免責するものとします。

 

 

 

トップ

 


 

8.履歴


◆  「 住宅ローン減税 」 (商品番号:A011100)

      Ver 6.81  2016/07/15  

・居住開始時期が平成31年6月末までの住宅ローン控除に対応。

・平成28年までの税制改正にともなう税額計算に対応。

・『計算詳細』シート追加。シート構成の見直し。

・サンプル修正。

・制度概要の更新。

 

◆  「 住宅ローン減税 」 (商品番号:A011100)

      Ver 6.71  2013/12/15  

・居住開始時期が平成26年4月〜平成29年末までの住宅ローン控除に対応。

・シート構成見直し。

・ローン減税の10年間のシミュレーションが可能。年収(給与収入)の変化にも対応。

・源泉徴収票のサンプルで入力説明。

・その他、入力・表示を全面見直し。

 

◆  「 住宅ローン控除 」 (商品番号:A008500)

      Ver 4.94  2012/04/15  

税金の軽減額シミュレーションに対応。

・ 「軽減額H21-25」シートの新設。

・ シート名、表示等の見直し。

・ 「画面」ツールバー(入力欄の色)新規。

・ サンプル修正。

 

◆  「 住宅ローン控除 」 (商品番号:A004600)  販売終了。

・  Ver 4.34  2010/06/03 

・住宅ローンの詳細な設定が可能。 3つまでの住宅ローンに対応。

・「住宅ローン」・「返済予定表」シートの追加。

 ・  Ver 2.01  2009/05/10 

・平成25年までの入居に対応。(平成21年の税制改正)

・  Ver 1.01  2008/02/15 

・販売開始。

 

 

Microsoft Excel2013Excel2010Excel2007Excel2003  Windows 8、7、VistaXPは、米国Microsoft Corporationの登録商標です。

 

 

 

トップ