FPソフト商品一覧


[ライフプラン]

ライフプラン・セット

ライフプラン

家計バランスシート

定年までの貯蓄目標

妻のパート収入と世帯の可処分所得

必要保障額

節約と運用

預金と積立

ローン返済


[住宅]

住宅セット

住宅ローン繰上返済プラン

住宅ローン徹底シミュレーション

住宅ローン減税

住宅資金計画の診断

持家と賃貸住宅のコスト比較


[税金]

所得税・住民税・可処分所得


[資産運用]

資産運用セット

投資信託:手数料の影響

外貨預金

ポートフォリオ理論によるアセット・アロケーション


[相続・贈与]

相続・贈与セット

相続税

遺留分減殺請求

相次相続控除

贈与税


[社会保障]

失業給付(H29年度)

失業給付(H30年度)




A010400




 FPソフト  「 ロ ー ン 返 済 」


商品番号: A010400

タイトル  : ローン返済

分野   : ライフプラン

税込価格: 5,400円

発売日  : 2017/12/13  Version 6.96







本ソフトウエアは、各種ローン返済の計算を行います。

《 主な特徴 》


■ さまざまなローン返済に対応しています。
「リボルビング払い」「元利均等方式」「元金均等方式」「アドオン方式」「住宅ローン」に対応し、返済額や利息を求めます。 これにより、それぞれの返済方式の特徴が明確になり、相互に比較することができます。

■ 14種類のリボルビング返済方式で試算ができます。
『リボルビング払い』シートでは、次の14種類の返済方式を試算することができます。
 ( 主な金融機関で採用されている方式を網羅しています。)
  ・ 元利定額リボルビング方式
  ・ 元金定額リボルビング方式
  ・ 元利定率リボルビング方式
  ・ 元金定率リボルビング方式
  ・ 残高スライド元利定額リボルビング方式
  ・ 残高スライド元金定額リボルビング方式
  ・ 残高スライド元利定率リボルビング方式
  ・ 残高スライド元金定率リボルビング方式
  ・ 借入時残高スライド元利定額リボルビング方式
  ・ 借入時残高スライド元金定額リボルビング方式
  ・ 借入時残高スライド元利定率リボルビング方式
  ・ 借入時残高スライド元金定率リボルビング方式
  ・ プロミス (残高スライド元利定額返済方式)
  ・ アコム (定率リボルビング方式)
また、追加借入や臨時返済がある場合にも対応しています。

 簡単な入力でローン返済の計算ができます。
『元利均等』『元金均等』『アドオン』シートの入力項目は、「借入額」「年利率」「返済方法」「返済回数」の4項目です。
これにより返済額の合計や利息分などを算出します。

 住宅ローンのシミュレーションを行い、表やグラフを表示します。
 『住宅ローン』シートでは、さまざまな住宅ローンの試算を行うことができます。3段階金利まで対応し、さらにボーナス分返済の設定や元利均等元金均等の両方の返済方式による試算が可能です。計算結果とともに年間返済額を表およびグラフで表示します。
また、『返済表』シートでは毎回の返済額の詳細を確認することもできます。

 『資料』シート
「ローン返済方式の概要」・「リボルビング方式の種類」・「利息の法的規定」など、関連資料を掲載しました。

 サンプルケースを使用して効率的にプランをたてることができます。
該当するケースを選択して、それをもとにデータを変更していくと効率的にプラン作成ができます。
『リボルビング払い』シートでは、代表的な方式6つのサンプルを用いて返済方式の理解や比較が容易にできるようにしています。また、『元利均等』『元金均等』『アドオン』シートでは同じ条件のサンプルによるシミュレーションが展開しますので、それぞれの返済方式による特徴などを確認することもできます。
『住宅ローン』シートでは、〔フラット35〕  〔フラット35S(金利Aプラン)〕  〔フラット50〕 のサンプルをご用意しました。

 入力はわかりやすく、コメント表示でガイドします。
必ずデータを入力する欄(ピンク色)、必要に応じて入力する欄(黄色)、表示された選択肢の中から一つを選ぶ欄(緑色)、と色分けしていますので、迷わずに入力していただくことができます。緑色の欄の選択により入力する必要がなくなる欄は灰色に変わります。
さらに入力の際には説明のコメントが表示されますので、安心してご使用いただけます。
また、入力項目のあるシートの画面上部には、[ 入力方法 ] を記載しています。 この [入力方法] の表示は、印刷の際など不要な場合には消すことができます。

 「ユーザー設定のツールバー」でより快適な操作を実現します。
画面構成、コメント表示、入力欄の色に関して、目的や状況に応じた使い勝手のよい設定を、「ユーザー設定のツールバー」でいつでも簡単に選ぶことができます。



説明書     ← 左をクリックすると本ソフトウエアの詳細な説明書を見ることができます。

□ 購入はこちらから □