FPソフト商品一覧


[ライフプラン]

ライフプラン・セット

ライフプラン

家計バランスシート

定年までの貯蓄目標

妻のパート収入と世帯の可処分所得

必要保障額

節約と運用

預金と積立

ローン返済


[住宅]

住宅セット

住宅ローン繰上返済プラン

住宅ローン徹底シミュレーション

住宅ローン減税

住宅資金計画の診断

持家と賃貸住宅のコスト比較


[税金]

所得税・住民税・可処分所得


[資産運用]

資産運用セット

投資信託:手数料の影響

外貨預金

ポートフォリオ理論によるアセット・アロケーション


[相続・贈与]

相続・贈与セット

相続税

遺留分減殺請求

相次相続控除

贈与税


[社会保障]

失業給付(H29年度)

失業給付(H30年度)




A007700



 FPソフト  「 投資信託:手数料の影響 」


商品番号: A007700

タイトル  : 投資信託:手数料の影響

分野   : 資産運用

税込価格: 3,240円

発売日  : 2011/11/20  Version 4.51





投資信託の手数料にスポットを当て、手数料のある場合とない場合を比較するシミュレーションを行ないます。


《 主な特徴 》


・ 手数料の条件を入力すると、解約する場合の受取額等を経過年ごとに算出し運用開始から60年までの一覧表およびグラフで表示します。

・ 【手数料あり】 と 【手数料なし】 とで手数料の影響をわかりやすく表現します。
【手数料あり】は、入力された条件でシミュレーションを実施したものです。
一方、【手数料なし】は、手数料の条件を全て0%として計算したものです。
実際には手数料のかからない投資信託はありませんが、本ソフトではその影響を明確にするため 【手数料なし】 の場合を想定してシミュレーションを行います。

・ 3つの運用利率でそれぞれシミュレーションを行い、手数料の有無による違いをグラフおよび表で示します。

・ 3つまでのファンド(投資信託)を入力された条件でそれぞれシミュレーションし、ファンド間の比較や手数料の有無による違いをグラフおよび表で示します。

・ 解約時に発生する源泉徴収税率を任意に設定することができます。このとき税率を0%と設定すると、税金を考慮しない場合のシミュレーションになります。

・ 投資信託の手数料について知っておきたい重要な項目を記載しました。

・ 必ずデータを入力する欄(ピンク色)、必要に応じて入力する欄(黄色)と色分けしていますので、迷わずに入力していただくことができます。
また、入力の際には説明のコメントが表示されますので、安心してご使用いただけます。

・ 画面構成、コメント表示、入力欄の色、シミュレーション期間に関して、目的や状況に応じた使い勝手のよい設定を、「画面」ツールバーでいつでも簡単に選ぶことができます。

説明書     ← 左をクリックすると本ソフトウエアの詳細な説明書を見ることができます。

□ 購入はこちらから □